• 03-3653-6331
  • 03-3653-6556
  • 132-0025 東京都江戸川区松江3丁目20番7
    10:00〜19:00 火曜定休
  • JR総武線 新小岩駅
    新小22系「松江」バス停下車
  • 地下鉄都営新宿線 一之江駅 新小22系
    「松江」バス停下車

     送信前にチェックボックスをクリックしてください。

X

着物の小物

帯の選び方

帯はきものの格に合わせて結びます。礼装には織りの丸帯か袋帯を。よく「染めのきものに織りの帯」「織りのきものに染めの帯」と言われますが、これはあくまで基本。逆はいけないということではありません。染めのきものに染めの帯も、全体にはんなりと優しい風情が漂ってすてきです。

帯の種類

袋帯

帯は8寸2分(31センチ)、長さ1丈1尺(417センチ)以上。結び方は二重太鼓。 帯の端から端まで柄の入った「全通柄」、帯の6割部分に柄のある「六通柄」、前帯とお太鼓部分にだけ柄のある「お太鼓柄」の3種類の柄付けがありありま す。佐賀錦や唐織といった金銀を使った格調高いものは礼装用に、染のものや織でも軽めの柄のものはおしゃれ着用にと、幅広く用いることができます。

 

 

名古屋帯

幅は9寸(34センチ)、長さ9尺5寸(356センチ)以上。手先から胴に折って仕立ててあります。扱いやすいのが特徴で、結び方は一重太鼓。柄付けは同じく3種類。織、染め、刺繍、絞りなど様々な技法のものがあり、主におしゃれ着、ふだん着用に用いられます。紬や小紋などに。礼装には合わせません。

 

 

半巾帯

幅は4寸(15センチ)、長さはまちまち。だいたい8寸(300センチ)くらいあれば、胴に二巻きできますが、いろいろな変わり結びを楽しみたいなら1丈(375センチ)以上あった方が。単帯や帯結びを使わず、自由な結び方が楽しめます。ふだん着の小紋浴衣、袴の下などに。訪問着などにも合わせられる、織や刺繍などの華やかなものがあります。

 

 

作り帯

お太鼓部分と胴に巻く部分が別々になってい て、お太鼓の形がすでに作ってある便利なもの。江戸時代の制服女中が、一人で手早く結べる方法として考案したと されます。胴の部分を先に身体に巻き、お太鼓部分を背中に乗せます。付けてしまえば、まったくわかりません。自分の体に合わせて作っておけば、帯結びがか んたんで気軽にきものが着られ、持ち運びもしやすいので旅行などにも重宝。

帯の仕立て

袋帯は、普通は芯を入れて仕立てます。織りがしっかりしていて厚手のものや、好みによっては芯を入れないで仕立てることも。芯を入れないで仕立てるものは、お太鼓もかっちりと四角くならず柔らかい印象の帯結びになります。名古屋帯は、 芯を入れて手先から二巻き分までを半分に折って仕立てたもの。この方法だと前幅が決まってしまう為、背の高い方や広めが好きな方は開き名古屋(手先の部分 に裏を付けて開いた状態で仕立て、自分で好きな幅に折りながら巻くもの)という仕立て方にする方法も。また、八寸帯は、両端とたれ先だけをかがる仕立て方 です。

single-necessary