• 03-3653-6331
  • 03-3653-6556
  • 132-0025 東京都江戸川区松江3丁目20番7
    10:00〜19:00 火曜定休
  • JR総武線 新小岩駅
    新小22系「松江」バス停下車
  • 地下鉄都営新宿線 一之江駅 新小22系
    「松江」バス停下車

     送信前にチェックボックスをクリックしてください。

X

着物の豆知識

きものの装い

きものを着るときは、持ち物やメイクもちょっとした気づかいで印象が大きく変わります。洋服とは違った装いを心がけましょう。

小さいバックだから必要最低限の持ち物を

イメージ

きものの装いで、あれもこれもとたくさんの荷物を持ち歩くのは、見た目もかっこ悪いけど、持ち歩く本人も大変。
化粧直しの道具を必要最低限の物だけにするなど、和装用のバッグに入る容量を考えて、かしこくシンプルにまとめよう。

メイクは普段通りでいいの?

きものの装い、とくに成人式などでは振袖に似合う上品な若々しさに、写真に写ってもパッと目にとまる華やかさをプラスして、こってりではなくポイントメイクで決めよう。
つけまつげやマスカラで、目元はぱっちり、眉は自然に、シャドウはきものと合う色をふんわりと、リップは、ローズやグロスで。

振袖の時のネイルは?

普段つけている付け爪は、振袖の日はお休みしましょう!
きものの邪魔をしないやさしい控えめな色を選んで、さりげなくきものと色をそろえるのも素敵。

時計やアクセサリーはつけてもいい?

きものの装いにゴテゴテとしたアクセサリーは見苦しいもの。
和の装いには、目につく腕時計やアクセサリー類はつけないのが基本。
特にお茶会での席では気をつけたいものです。成人式やパーティーなどでどうしてもつけたい場合は、ごくごく控えめなものをつけることをお勧めします。
触れても生地を傷めない素材、デザインを選ぶ事も大切。
イヤリングやピアスは、小ぶりのパールや、きものの色に合わせた天然石で。腕時計は、細みのものをさりげなく。

single-trivia