• 03-3653-6331
  • 03-3653-6556
  • 132-0025 東京都江戸川区松江3丁目20番7
    10:00〜19:00 火曜定休
  • JR総武線 新小岩駅
    新小22系「松江」バス停下車
  • 地下鉄都営新宿線 一之江駅 新小22系
    「松江」バス停下車

     送信前にチェックボックスをクリックしてください。

X

質問コーナー

詳細

きもののT.P.Oは?

Q

きもののT.P.Oは?

A

きものは、時.場所.場合に応じて着ていくものが違ってきます。

 

さらに、ここではさまざまなきものの種類を紹介するとともに、それがどのような場所に着ていけばよいか見ていきましょう。

 

まず、最初に既婚女性の第一礼装と呼ばれているのが黒留袖です。これは、結婚式において、新郎新婦の母親や仲人夫人、親族の既婚女性が着る正装の着物です。次に黒留袖と同格なのが色留袖で、既婚女性だけでなく未婚女性も着られ、祝儀用の第一礼装と呼ばれています。色留袖は、紋を五つ付けて第一礼装用に仕立てますが、この紋を三つ紋、一つ紋にするだけで披露宴の他、祝賀会、パーティー、正式な茶事等、準礼装に仕立てて幅広く着ることができます。

 

さらに未婚女性の第一礼装には振袖があり、これは他のきものにくらべて袖が長いのが特徴です。留袖等第一礼装のきものには、五つ紋を染め抜きますが振袖は紋がなくても第一礼装のきものとして、着用できます。振袖の袖には、大振袖、振袖、中振袖、小振袖と上から下へ呼び名があり、袖丈が下へ長くなるほど格調が高くなります。留袖、振袖の次に格の高いきものが訪問着で、これは、未婚、既婚の区別なく着られる準礼装のきもので、きもの全体もしくは肩、裾、袖に模様があるのが特徴です。

 

訪問着は改まった場所だけでなく、結婚式やパーティー、お茶会等多くの社交的場所に着用できるきものです。次に付下げは訪問着の代わりに着られる社交用のきもので、着用できる場所も、披露宴、撫イ式、年賀やパーティー等、訪問着と少しも変わりません。しかし、華やかさにかけ、少々地味に見えることからも、お茶席等落ち着いた場所に向きます。色無地は一色で染められた無地の着物で留袖や振袖が第一礼装と呼ばれる前は、最も格の高いきものとして着用されてました。しかし、現在でも、黒無地のきものに五つ紋を付ければ喪の第一礼装となります。

 

色無地は帯や小物などのコーディネート次第で格や印象が大きく変わります。また、葬儀ではどんな立場でも、五つ紋付きの黒無地のきものを着ます。しかし、お通夜や49日など黒無地では大げさと思われる時は光沢のない抑えた色無地のきものに黒喪帯を付けます。この他クラス会、誕生会、観劇など、ちょっとお洒落をしたいときは、小紋を着ます。このようにきものはたくさんの種類があり、それぞれ場所や場合に応じて着用するものが、大きく変わります。また、コーディネートや着こなし1つで大きく変わっていきます。

single-faq