浴衣の帯結び

浴衣帯の結び方(一文字)

浴衣帯の結び方(一文字)-浴衣の帯結び拡大

羽の大きさは肩幅くらいが標準ですが、体格や好みによって調節しましょう。半幅帯は帯の後ろ側や後ろのおはしょりが見えるので、きれいに整えて。

使用する帯・・・半幅帯
合わせるきもの・・・小紋浴衣

1.帯板を付ける

1.帯板を付ける-浴衣の帯結び拡大

ゴム付の帯板を付けます。前で金具を留めたら、板を前に回します。

2.手先を決める

2.手先を決める-浴衣の帯結び拡大

手先を半分に折ります。腕の長さくらいを目安に。


3.帯を巻く

3.帯を巻く-浴衣の帯結び拡大

帯を二巻きします。

4.たれを持ち上げ、一結びする

4.たれを持ち上げ、一結びする-浴衣の帯結び拡大

たれを三角に折り上げて、手先を上にして重ねます。


5.ポイント 1

5.ポイント 1-浴衣の帯結び拡大

しっかりと結びます。

6.たれをたたむ

6.たれをたたむ-浴衣の帯結び拡大

たれ先から内側にたたみ込みます。羽の幅が、自分の肩幅くらいになるように。


7.ポイント 2

7.ポイント 2-浴衣の帯結び拡大

全部たたみ込んだら、幅のちょうど真ん中に結び目がくるよう、調節します。

8.ひだをとる

8.ひだをとる-浴衣の帯結び拡大

真ん中で一つ山ひだをとります。


9.手先を巻きつける

9.手先を巻きつける-浴衣の帯結び拡大

手先を下ろし、巻き付けます。
ひだが壊れないように、左手を放さずしっかりと上に引き上げます。

10.あまりを入れ込む

10.あまりを入れ込む-浴衣の帯結び拡大

手先のあまりを、帯と着物の間に入れ込みます。


11.手先を引き抜く

11.手先を引き抜く-浴衣の帯結び拡大

入れ込んだ手先を、下に引き抜きます。これが帯の支えになる為、しっかりと。

12.ポイント 3

12.ポイント 3-浴衣の帯結び拡大

帯の下に出てきた手先をたたんで、帯の内側に入れ込みます。


13.帯をまわす

13.帯をまわす-浴衣の帯結び拡大

右手で結び目を、左手で巻いた帯の下側を持ち、右回りにまわします。


CHECK POINT

CHECK POINT-前-浴衣の帯結び拡大

  1. 帯の高さは、身長とバランスがとれているか、高すぎたり低すぎたりしていないか。
  2. 帯の巻き方がゆるくないか。
  3. おはしょりに余計なしわがないか。

CHECK POINT-後-浴衣の帯結び拡大

  1. 結び目はゆるんでいないか。
  2. 羽はきれいに整っているか。
  3. 羽根の幅は肩幅くらいになっているか。
  4. 帯の後ろ側と帯の下のおはしょりがきれいに整っているか。

文庫にアレンジ

文庫にアレンジ拡大

羽根を下ろして整えると、文庫になります。 また、たたむ時に片側を下にたらすと、片流しなどになります。いろいろアレンジしてみて!